読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のgoogleは最速◯分以内に検索結果へ表示させる

seo

最近のgoogleの検索エンジンの仕様がちょっとリアルタイムすぎるんじゃないかなって思って、誰もいないキーワードで記事を書いてみた。実際にどれ位で表示させるのかなぁ~って思いましてやってみた。

毎日更新するメリットgoogleに直ぐにクロールされ検索結果に表示

毎日更新することがSEO的に大事と言われ理由は単純で、頻繁にブログを更新しているとgoogleのクローラーが山ほど襲ってくる。そのため、新しい記事がすぐにgoogleの検索結果に反映される。じゃあ実際にどれぐらい早くやってくるのか実際にやってみた。

検索結果0件のキーワードでブログを書いてみた

実際にやった記事です。

 

投稿して一息ついてたらすっかり忘れてた。あまりの早さにキャプチャを忘れた。そして急いでキャプチャ取って画像をくりぬいてたら保存ミスって消えたwしょうがないからやり直した結果こちら

f:id:dougacc:20150126195245j:plain

画像だと8分かかっている。記事の投稿時間は1月21日の19:11:17で一応パソコンの時間も表示しといた。実際は検索した時には4分経過していたので、もしかしたらもっと早いかもしれない。ちょっとビビった。google先生やるじゃないか。

googleが検索結果に表示させる優先順位は記事タイトルから

何をキーにして検索結果に表示させているか気になったので、ブログの記事タイトルとブログ記事内の文章それぞれで検索してみた。

結果はタイトルだけでしか検索に表示されなかった。あくまでアップしてから数分の間に限る。ここでSEOに使うとしたら、重要なキーワードはやはりタイトルに含めるべきだね。

話題のニュース記事や旬の話題などは必ずタイトルにキーワードを入れることが大事。

SEOに使うならピーク時のネタでも直ぐに上位表示されるかもしれない

新年会や、バレンタイン、節分などこの記事を書いている時だとISISとかイスラム国とかクソコラグランプリとかかな。そんな今しかないキーワードはもうピークだから遅いよね。。書いとけばよかったと思った・・なんてあきらめないでとりあえず書けば、ブログやサイトにもよるけれど間に合う。ニュース系や話題にのってとりあえずアクセスを稼ぎたい人は諦めずにやってみるといい。

そんな早くgoogleに表示されるわけないと思う人はテストすればよい

検索結果0のキーワードで記事を書けばいい。それだけだ。キーワードは適当に自分で作った造語で検索してヒットしていなければそれで書けばいいんだ。内容なんてどうでもいい。だってテストなんだから。確認できたら削除すれば良い話。

実際にこのへんは動画のキュレーション用のまとめサイトを更新してて、あれ?ちょっと検索に出てくるの早くね?ってテストしてみたんですよ。これほど早いとは思わなかった。

次のネタとしては一瞬で超ビッグワードで1ページに載る方法とか、はてなブログのバックリンクおっかねぇ~とかを書こうと思います。

あなたにおすすめのSEO記事