読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人社員が仕事でスキルアップする言葉「それ上司の仕事じゃありません」

仕事

仕事でスキルアップしたいけど仕事が任されないのは信用が無いからですよね。今回は自分が転職したり、部署配置が変わったりした時に新しい仕事を獲得してスキルアップするための方法を紹介

まず上司と新人の時給換算して考える事

新人や新卒の給料が20万程度だとします。上司の給料が40万だとします。単純に考えて給料が2倍違いますよね。っということは時給が2倍違うんですよ。ボーナスや残業代や役職手当も入れるともっと差がでます。

その上司が、バイトでも出来る仕事を率先してやってたらこの会社大丈夫かな?って思いませんか?

そんな細かい仕事してるならコストが低い人に仕事を振って、上司はマネジメントや書類の承認、役員への調整などをやってください。いい給料貰ってやってちゃダメですよ!!

コストにあった仕事をしてください。この上司、暇なのかなってこの会社大丈夫かなと自分だったら思います。

自分でやったほうが早いと判断する上司も同様です。部下に仕事任せて、別の仕事やってください。って思いますよね。でも仕事を部下に依頼する時ってある程度任せても大丈夫。ちょっとぐらい失敗してもカバーできると思う人におねがいしますよね。

だから信頼を獲得するためや自分が新しい仕事をチャレンジするために自分はこの言葉を使います。

それ上司の仕事じゃありません。人件費もったいないです。

自分は上司になる人や同僚や部下とかと話をする時に人件費についてよく話します。定例会議って必要か。10人も集めたら人件費いくら使ってると思いますか?

こういう話をするとだいたい無駄だよねって話になります。だから定例会議などでその日の議題で関係ない人は帰らせたりします。もしくは重複する職種などがいる場合や同じチームの人がいるときは議事録を共有します。

そのほうが効率いいから。そんなわけで上司には給料にあった仕事をしてほしいわけです。

データ入力とか雑務や細々している仕事は全部巻き取ります。自分ができるスキルの仕事はどんどん巻き取ります。そのためにこの言葉

「それ上司の仕事じゃありません。自分やります」

これをやって仕事をこなしていると、言わなくても仕事をしてくれる人間だと思ってくれます。まあ実際にスキル上がりそうな仕事ないかな~って探しているわけですが。だからこその言葉

そしてこれだけで信頼をつかむことが出来ます。率先的に仕事してくれる人という。これをやってると上司との関係が良くなっていくので今度は次のことをやります。

上司に何の仕事してるんですか?と気軽に尋ねられるようになる

仕事は自分で作るものといっても、何の仕事があるかわかりません。やっぱり決定権などは役員などが持っているため、上から大きな案件が落ちてくるのが普通です。

だからこそ、上司に何の仕事してるんですかって気軽に聞ける関係をつくり上げると、新しいプロジェクトや面白そうな仕事、やばそうな仕事などなどいろいろ聞けるわけですよ。

そして面白そうな仕事や自分がチャレンジしてスキルアップする仕事などがあったら、ちょっとやってみたいんですけどダメですかって聞くんです。チャレンジしてキャリアアップしたいので何か出来る事があったらやりたいです。と伝える。

上司の雑務を巻き取って、問題なくこなしていれば、やらせてみるか!ってなります。こうやって自分の仕事の幅を広げてスキルアップしていくわけですね。

そして、後輩が入ってきたりしたら、今度は自分の雑務をやってくれる後輩を育てるわけです。そして率先してやってくれる人がいて信頼できれば新しい仕事を魔化していくという事ができるんです。

これをやっていると無理なときに無理ですっていうと、あ~いつも仕事取っていくこいつが無理って言うなら無理なんだろうなって思ってくれます。

仕事でスキルアップするまとめ

  1. スキルアップしたいなら雑務を率先して、信頼をしっかりつかむ。
  2. どんな仕事を上司がやっているか聞く。
  3. 新しい仕事だったらチャレンジしてスキルアップしたいと伝える。

こんなかんじです。キャリアアップしたいなら自分から動かないとダメです。待っていても成長しません。動かないと、言われたことしかやらない人に無意識になってしまいます。

新卒社会人の人はまずは雑務をきっちりこなすこと。そして上司の信頼をしっかり得ること。そうすれば少しずつ大きな仕事を任せてくれます。何でも基礎が大事です。

それぞれの仕事の役割をきっちり考えて働くことを意識しましょう。

以下の記事で上司も仕事の意味を伝えようと言うのを紹介しましたが、仕事は遊びじゃありません。お金を貰ってやるものです。上司が悪いと言っていてもしょうがないです。自分が変わりましょう。上司は上司で部下が仕事をやりたい環境を作りましょう。

お茶くみだって仕事の意味がある自分で気がつくか上司が伝えるか

この記事上司に見られたら絶対、本人バレ間違いないなw

あなたにおすすめの仕事に関する記事