読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログはPVではなく月収100万円の目標でライティング力があがる

ブログ運営 ライティング お金・マネー・節約

ブログで稼ぎたいのになぜ100万PVを1つの指標にするのか。100万PVは時間をかければ誰でも行けるチャンスはある。ジャンルごとにブログ立ち上げて、記事をずっと書き続けていけばいいから。稼ぎたいなら金額を目標に

なぜブログで稼ぎたいのに目標が100万PVなのか

100万PVなんてやろうと思えば誰でも出来る。続ける力と過去バズった記事をネットから探して、参考に自分なりに焼き直ししたオリジナル記事を書く。もしくは、ニュースサイトみたいにとにかく大量生産すればいいだけなので。

だけど100万PVいったところでマネタイズの能力がなかったり、ただPVを追うとクリック型のアド広告で1クリック数円とかだとハッキリ言って効率が悪いし、時給換算すると割にあわない。

外注を使ってやるにしても、投資コストに対してのリターンが低い。自分はサイトやブログを立ち上げる時は、効率よく稼ぐこと、作業量に対しての収益性のリターンを常に右肩上がりにすることを意識しています。

損益計算をベースに運営しています。収益性の低いものは捨てて放置します。例外として、収益性が高いサイトやブログはほっといても稼いでくれるので、暇な時に更新して、普段は成長性の高いところに集中します。

一言で言うと楽して稼ぐです

ブログで稼ぐ金額を目標にすればライティング技術が上がる

ブログで稼ぎたいなら、別に面白い記事なんてかけなくていいんです。お金が稼げる記事が書ければいいんです。

文章でお金を稼ぐための方法の本は山ほどあります。

  • キャッチコピーの作り方
  • ECサイトの文章の書き方
  • 売れる営業マンになるための本

こういった本を読んで、実際にアフィリエイトやアマゾンなどを使って商品レビューを書いて、書いた記事経由で本が売れたかどうかをチェックするだけです。

売れないならライティング技術が低いだけなので、本で勉強した内容を踏まえて投稿した記事のブログタイトルや内容を書き直せばいいだけです。

これを繰り返していけば、稼げるライティング技術は向上していきます。

商品が売れる記事はいいコンテンツなのでSEOで検索上位に表示

売れる記事はユーザーにとってメリットが多い内容になっているから、いいコンテンツなんですよ。ということは検索上位にあがりやすくなるのでPVはあとからついてきます。そしたら自然にアクセスも増えます。

自分は複数サイトやブログを運営していますが、紹介した商品やサービスは必ず売ります。使ったことある商品だったらかなりの売上を出してくれるし、使ったことない商品を掲載しても売れます。

どんなジャンルの商品でも絶対に売れます。これは目標をPVじゃなくて金額においているからです。

まとめブログで稼ぎたいなら100万PVより月収100万円を目指せ

まあ実際に売上を追って仕事でもサイト運営していたので、PVは社外用に発表するための指標として目指して、でも実際には売上を上げなきゃいけないのでその為のサイトの設計を考えたりしていたのでどっちも行けますが。

どうせやるなら100万円を目指したほうがいい。100万円を目指すために必要なPV数や何をどれだけ売ればいいのかという計算ができる。

でもブログで100万PVを目標にすると、100万達成しても利益が全然ないんじゃ意味が無い。お金を稼ぎたいなら目標は金額です。指標の1つとしてPVはいいですが、そこをゴールにしたらダメです。

あなたにおすすめのブログ運営やお金の記事