読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログのキーワード調査は3分以内を目指す

ブログ運営 ライティング アクセス解析

楽しくブログで稼ぐためにキーワード調査は3分以内を目指す

ブログに限らずサイト運営で稼ぐためにはキーワード調査は大事です。しかし、楽しくブログで長期間稼ぎ続けたいならキーワードの選定は3分程度にしましょう。

キーワードは現在と過去の結果でしか無い

キーワード調査でgoogleのサジェストや関連キーワード、googleトレンドにキーワードアドバイスツールなどを使っていると思います。しかし、これって、今現在から過去のデータであって、未来のお話ではありません。

どんなに優秀なツールでも未来を予想ツールは無いんです。まだ需要のないキーワードやそもそも新しく作られたキーワードなどは反映されないんですよね。

あくまで過去の遺産や積み重ねられたデータというだけで今後どうなるかはわかりません。iphoneが発売されたときスマホすげー!とかtwitter出た時、これすげー!使おうぜ!ニコニコ動画面白いよ!なにが面白いの?理解してくれる人というのがほとんどいない。mixi出た時も出会い系みたいとか言われてたんですから。

こういう新しいものはいくら調べても意味が無いんですよね。

需要関係なく気になったキーワードで記事を書くのが大事

あなたにとって気になったり、興味が湧いたキーワードに対して、あまり調べずに自分なりに楽しくブログの記事を書くことが大集です。

これはあなたの直感力とライティング力を高めてくれます。そして、無意識にそのキーワードに関係するキーワードが自動的に含まれていきます。要するに気になった人の生の声がそのまま反映されるわけです。

調べ過ぎてから書くと、あなたの直感が失われて当たり前の記事になってしまうんです。

調べなければあなたしか書けなかった記事のはずなのに、キーワードを最適化しようとしたばっかりに必要なキーワードだけになってしまいつまらない記事になってしまう。

そして、将来的に取れるはずだったキーワードが記載され亡くなってしまうリスクがある。これってかなりの機会損失なんですよね。

アクセス解析で自分だけが知っている大事なキーワードを発見

このキーワードで検索されているページは商品が売れる。このキーワード出アクセスしてくる人に提案できる商品はないか。という発見がアクセス解析にはあります。

アクセスが稼げるキーワードと利益があがるキーワードは実は全く別物だったりします。

自分はマニアックなキーワードだけど、これってライティング次第では売れるんじゃないか?っというキーワードで数十万稼いだりしています。

こういうキーワードは実際に集客してみて、アクセス解析でその人がどういうページを一緒に見ているかなどを調査することでわかったりします。

そして、その人はどんな人なんだろう。想像することも大事です。

ブログで稼ぐためには想像力を豊かにすること

とにかく楽しんで稼ぐことを中心でこの記事を書いています。一切キーワード需要とか調査せずに書いています。そして、書きながら、この記事を読む人はどんな人なんだろう。どんなキーワードでアクセスされるんだろう。そんなことを想像して書いています。

これは、あくまで誰かが便利になればいいなって思って書いていて、データを収集するようの記事なんです。これ自体で利益を上げると言うよりも、この記事に興味を持ってきてくれた人がどんな検索方法で来たかが大事なんですよね。

そして、キーワードから妄想する。想像する。男性か女性か、仕事はなんだろう、趣味はなんだろう。そういうのから新しい発想を生み出す。

そして、ひらめ~~く!ウルトラソウル!"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!

閃いたことをメモっておけばブログの記事ネタが増えるわけです。

この記事を書くきっかけはキーワード調査記事が溢れてたから

大事なことだけど、それだけが大事なことじゃないよ。自分の気持や思いついた直感は大事だよということを伝えたかったんですよね。

うさもふの記事を書く時はほとんど調査してません。3分ぐらいです。ちゃちゃっと電車で書いていることが多いので。

もちろん、投稿後あとからリライトすることも多いけれど。でも、気楽に誰かに何かを感じて欲しいって思って書いている文章って、きっと誰かが大事だなって思ってくれるんですよ。

だって自分自身が大事だなって思ったことなんですから、他の人だって大事だなって思ってくれるはず。

インターネットは知りたいことがなんでも載っています。こういう記事だって、その1つになっているんですよ。もちろんあなたが書いた記事だって、誰かが知りたかった大事な1つの記事なのです。

だから、あまりデータにとらわれずに、自分の直感を信じて記事を楽しく書くことは大事です。その記事がアクセスが少なくても、もしかしたら1年後、大化けするかもしれませんし。

投稿しておいたおかげで、集まったアクセス解析のデータから稼げる記事に変貌を遂げるかもしれません。

大事なことは、自分が感じた感性を最適化しすぎてつまらなくしないことですね。あと何も考えないで勢いで記事を大体こんな感じでまとまりがなくなるのも面白いものです。