読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職活動はインターンで内定出しに動いている

人事 仕事 就職・転職

2016年卒の就職活動は企業の書類選考は8月からと決まっています。それをまじめにとらえていると就職活動失敗しますよ。大手はすでに良い学生を獲得するために動いています。そうインターンでね!!

2016年のインターンの目的は採用活動の前倒し

インターンは何のためにやるのかという基本的なところに立ち返ってみましょう。

  • 企業の広報活動
  • 学生と企業の就職後のミスマッチを減らす

この2点がインターンシップの目的ですね。これから就職活動を控えている学生がインターンとして職業経験を積むというのはキッザニアの子供のお仕事体験とは違い、雇える学生かどうかのチェックと学生にとっては務めるに値する企業家をチェックする場となります。

リクナビもマイナビもインターンページの件数が多い

インターンで1ヶ月拘束数名募集などは、この応募段階で書類選考をしているんですよね。そして1ヶ月間はインターンという名目で会社に慣れてもらう。あとは口頭ベースで内々定っぽいことを伝えて確保しておくというのが今年のスタンダードな企業側の対応です。

実際にリクナビやマイナビなどのインターンをみてみると昨年度よりもインターンの数が増えています。これは各新卒就活の媒体の営業トークで拡散しているのもありますね。

絶対に内定とは言い切れませんが、インターンでいって実際に内部の人の状況を知っていれば面接では非常に強いし、知り合いが中にいるのは大きいです。仲良く慣れれば、就職できなくても、知り合いの会社を紹介してもらえる人脈作りにもなります。

大手企業に限らず、採用コストを押さえるために社員紹介制度を行っている企業が多いです。紹介した人が雇われれば賞与を支給という制度もありますし、こういったことで紹介をしてもらえるかもしれません。

他の会社でスキルを磨いて転職活動の時にその希望の会社を受けなおすネタにもなります。

実際インターンから就職につながることは非常に多い

インターンは実務ベースでの企業の仕事体験です。そのため、インターンで入れるということは書類選考と面接が終わり内定前の試用期間と言ったイメージで行くべきです。

実際に以前働いていた会社では営業動向やテレアポなどを経験させ、受注が上がっちゃった人はもう採用だねって感じでした。

ようするに書類や面接などでは見れない、本当のスキルを企業側は試すことができるし、就活生にとっては書類選考や面接が苦手でも現場で結果を出せば、現場の社員が見方になって推薦してくれるというわけです。

プログラマーやSEなども実際に作業をしてもらってどれぐらいのスキルがあるかがわかればミスマッチもなくなります。ブラック企業と言われるIT業界なども実際にインターンを受けてみれば実はホワイト企業だったなんてこともよくある話です。

インターンできた学生がめちゃめちゃ自分の部署に貢献できるとわかったら絶対に手放したくないし、一緒に働きたいと思うのは現場の常ですよね。役員が気に入るかなんて関係ない。現場が欲しいんだ!!って訴えて勝ち取りに行きます。

自分も大手IT企業で働いていましたが、この人欲しい!!といった現場の声で上が了解とろうっというのが流れでしたよ。

とにかく就職の早期内定が欲しければインターンを絶対受けるべき。お金がもらえないのなんて気にするな。その分、あとからたくさん戻ってくるから。内定なしの不安からさっさと抜けだそう。

大学の学内合同説明会は就職できる企業だけが参加する

 就職転職などに関するおすすめ記事