読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外に転職する方法シンガポールやアジアなどの就職事情

就職・転職

海外に転職する方法シンガポールやアジアなどの就職事情

海外の転職方法と日本の就職方法はかなり違います。日本ではリクナビなどを使って就職活動をするのが当たり前ですが、シンガポールや中国などのアジアに限らず、アメリカなどでは全く違った方法で転職活動をします。どのように海外の人が就職活動をしているかを把握しつつ日本にあった方法で転職活動をしましょう。

日本の転職事情は海外からみたら異常

日本の場合はリクナビNEXTやDODAや@typeなどの転職サイトを使いますよね。中小企業などがたくさん掲載されています。大手企業も掲載されていますが、日本の就職事情だと新卒で大手に入らないとなかなか一部上場などに入社しにくいのが現状です。海外の場合は日本と違って新卒採用風土が無いので直接行きたい企業に応募する傾向が強いです。

実際に様々な大手企業を見てもらえればわかりますが、新卒採用や中途採用などはリクナビNEXTやマイナビなどに誘導してそこからエントリーさせるケースが多いんです。これは何故か?申し込みを1本化して管理を効率化させるためです。

日本の求人サイトに掲載して1人獲得するために必要なコストは新卒採用でおよそ100万円、中途採用で200~300万円ぐらいです。かなり高額ですよね。それでも日本の場合は転職者が転職サイトを通して就職するような仕組みになっているのでこのようなことが起きているのです。

今まで転職活動をした人で直接企業に応募した人は少ないのではないでしょうか?

海外では転職サイト直接応募やLinkedinリンクドインを使う

海外で転職する人たちはリクナビのようなサイトはあまり利用されません。直接企業に応募するか、LinkedInを利用します。

日本人は提示された中から選ぶという受け身の性質ですが、海外では自分から積極的に行くことが大事なんですよね。LinkedInは日本でもサービスが提供されています。

このサービスを初めて知ったという人向けにかんたんに説明しますと、フェイスブックの転職特化型サイトと言う感じです。実名で自分の履歴書を公開するんですよね。外資系で働いている人たちでは結構当たり前のサービスですが日本企業で使っている人はあまりいません。

海外だとLinkedInのデータを使ってそのまま企業にエントリーできる仕組みが出来上がっているんです。

しかし、日本の企業で導入しているところはほとんどありません。だから認知度が低いんですよね。海外企業の求人を探すならリンクドインがおすすめです。でも自分の名前から職務経歴書をネットで公開するのはさすがに嫌ですよね。

実際に検索すれば出てきます。自分も登録しているので職務経歴書がそのまま見えちゃいますね。まあ経歴の概要ぐらいですが。

こうなるとやっぱり、匿名性を重視する日本人にはリンクドインはハードルが高いですね。

海外転職におすすめのビズリーチを利用する

ビズリーチは国内の大手企業はもちろん海外の転職中国やシンガポールのアジアからアメリカ・カナダも転職が可能です。それはなぜか?

ハイクラスの求人が多く、外資系企業が多く利用しているからです。リクナビNEXTなどにはない外資系求人が非常に多い。社名は伏せられていますが大手外資系がたくさんあるのがなぜわかるのか?

掲載されている求人情報は自社サイトで掲載されているものをそのまま使っているのでうまく検索すると自社サイトに掲載されているのがわかるんですよね。

その時に、リクナビなどに出ていないのがわかるんですよ。

このように外資系で中国やシンガポールなどのアジア圏の求人やアメリカやカナダの求人を募集している会社がわかるんです。

リクナビのターゲットは中小企業や20〜50代と誰でもこいという求人サイトになってるんですよね。

しかし、ビズリーチは登録に簡単な審査が入るので誰でも入れるわけじゃないんです。

とはいえ、転職が多いとか給料が安いとかそういう基準じゃないみたいです。

職歴があるかどうかで見ているようです。たぶんですが。この辺りの情報は公開されてませんので憶測です。

しかし、ハードルが低いといえど一定の審査があるので大手企業が求人者をサイトで絞り込みができるのでメリットがでかいんですよね。

より効率的に働くのが外資系企業の特徴なので、そこが非常にマッチするんですね。

まとめ海外に転職する方法シンガポールやアジアなどの就職事情

海外転職したい人はLinkedinかビズリーチに登録は必須です。

人気のシンガポールや中国にアメリカやカナダに転職したい!と思ってる人は今すぐチャレンジ。

日本よりもより自主性が求められる海外の仕事をしたい人は今登録する行動力が必要です。

転職エージェントとは違い、登録したらすぐに転職しなければいけないわけじゃないし、審査が通るかわからないので先に登録して審査に通るか確認しといたほうがいいですよ。

ビズリーチ公式サイト

海外転職に強い転職エージェントのJACリクルートメントも一緒に登録するのがおすすめ

JACリクルートメントを無料で利用する

JACリクルートメントの評判40代でも給料と役職がアップの口コミ体験談

あなたにおすすめの就職転職記事