読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リクナビネクストの評判と転職成功の登録メリットを人事が教える

就職・転職 転職サイトまとめ

リクナビネクストの評判と登録するメリットを人事が教えるエージェントの違い

転職サイトで評判のリクナビネクストとエージェントの違いや登録するメリットを実際に転職で使った人事経験者がそのメリットやどうやって転職活動を行うかをご紹介します。

さっさと公式サイトがみたい!!という人はこちらからどうぞ

リクナビネクスト公式サイト

リクナビネクストとエージェントの違い転職方法は2種類ある

リクナビネクストとリクナビエージェントって何が違うの?という疑問にまずお答えします。

転職方法には簡単に分けて転職サイトと転職エージェントの2つがあります。陸ナビの場合は次のようになります。

  • 自分で求人を探して応募する転職サイト:リクナビネクスト
  • 転職エージェントがあなたに合う求人を探して紹介:リクナビエージェント

とにかく自分でいろんな求人を探して自分にあった仕事を選びたい人は転職サイトをつかう。自分のペースで転職活動をしたい人は転職サイトのリクナビネクストなどをつかいます。

転職エージェントは、今までの経験をそのまま生かしてキャリアアップや給料アップを目指す人で、すぐに転職したい人や転職活動する時間がない人が転職エージェントを使います。

どちらがいいかはそのときのタイミングですが、実際には転職サイトと転職エージェントの2つを両方登録して転職活動する人がほとんどです。

リクナビNEXTの求人と転職エージェントの求人の違いを見比べる

必ず転職活動でやって欲しいことは転職エージェントと転職サイト今回はリクナビネクストとしておきましょう。それぞれの求人情報や条件の違いを見比べて見ましょう。

なぜ違いを見分けるのか、転職エージェント経由の案件は仕事条件で急両面や残業時間に休日の日数や男女比などが詳しく書かれています。

しかし、転職サイトの場合は詳しく書いてありません。そこで、転職サイトのほうはすごいいいことが書いてあって、転職エージェントと違うことが書かれている。

逆に転職エージェントはいいことが書いてあって転職サイトのほうが普通の記事だったりします。

どっちがよくてどっちが悪いわけではなくて、情報の更新がどちらかが遅い場合、早い場合があります。だからこそ両方の求人を見るために転職エージェントや転職サイトのリクナビに登録したりする必要があるのです。

違いがわかればしっかり質問して少しでもいい条件で転職できますからね。

リクナビネクストの評判は転職決定数シェア1位の46%

さまざまな転職サイトがありますが、リクナビネクストで転職を決めた転職決定数のシェアが1位の46%です。

ようするひ2人に1人程度がリクナビネクストで転職しているわけです。その転職サイトに登録しないというのは、単純に転職できる確率が半分以下に下がってしまうということです。

リクルートの調査データですと2位の転職サイトに登録して13%なのです。ほかの就職サイトに登録してすぐに就職が決まると思いますか?

さらに、リクナビネクストの登録人数は591万人とこれも国内1位の規模です。

リクナビネクストに登録しないだけで転職市場が50%近く減るということを理解しておいたほうがいいですね。

ここまで読んだらまずはリクナビネクストを登録して、実際にどうやって転職をうまく進めるかを実践しながらよんでください。

リクナビネクスト公式サイト

リクナビネクストで転職成功するための書類選考件数が分かる

転職するためにどれぐらいの件数の求人に応募すれば良いのか。目安がわかるとモチベーションがアップしますよね。転職の成功がわかれば俄然やる気が出ます。

そこで自分の場合、3ヶ月後に転職したいという設定をしてみたところ次のように表示されました。

リクナビネクストの評判は転職決定数シェア1位の46%

全体で19件送れば就職が決まるそうです。4件ほど送ったようなので3ヶ月であと15件応募すれば転職が成功しますできます。書類選考の件数目安がわかると転職活動がしやすいですね。

この目安の応募数と言うのは職種や転職希望時期や就業状況の近い人の応募実績を集計したデータから算出されています。

そのため、人によってはもっと少ないかもしれませんし、逆に多いかもしれません。

実際にリクナビネクストに登録してみて、職務経歴書や履歴書を登録してみることで、自分の市場価値がわかりますので、そのためだけにつかうのもありですよ。

職務経歴書や履歴書の内容は変わらないのでマイナビやDODAなどの転職サイトを登録する際にコピペで使えますしね。

リクナビNEXTのスカウト活用度は100点を目指そう

リクナビNEXTですぐに転職できる可能性が高いのは企業からのスカウトメールを貰うことです。

スカウトメールを貰うことは、書類審査無しで面接ができることも多いので非常に転職や就職のスピードが早くなります。

どうやって企業からスカウトメールを貰うかというと次の内容をやっていきましょう。っとその前にリクナビネクストのスカウトには2種類ありますのでその違いをお伝え位します。

リクナビネクストで評判のスカウトはオープンとプライベートがある

スカウトメールって2種類に分かれていてオープンとプライベート。そしてプライベートには2種類あるので、全部でスカウトは3種類あります。

  • 転職エージェントから求人の紹介プライベートスカウトオファー
  • 書類選考免除で受けられるプライベートオファー
  • 登録した職歴からなどから検索でヒットした人へのオープンオファー

まず1番多く届くスカウトは転職エージェントからのオファーメール

リクナビネクストのプライベートオファーは、次々と矢継ぎ早でエージェントから連絡が送られて来ます。その中で1番多いのがリクナビと提携している転職エージェントからの企業を紹介したいという旨のプライベートオファーです。

これは実際にあなたにあった企業を紹介してくれます。

多くの方が間違って認識している事ですが、リクナビなどの転職サイトに登録されているあなたの登録したスキルや希望条件だけだと、かなり不十分で求職者の情報がよくわからない人が多いのです。

そういう曖昧な情報の中からエージェントは、あなたが今までのキャリアで身につけた経験やスキルが役に立つ求人をピックアップし、選んでからオファーを送ります。

職歴や履歴書がいかにマッチしている人は書類審査が非常に通りやすいです。そして、即座に企業へ対して面接という流れになります。

そして企業は、人柄や人間性や性格など、実際に当の本人と会ってみない限りは、分からない情報をチェックして採用するという流れを取るので非常に転職までの期間が短くて住みます。

そのため、魅力的でない人材を転職エージェントが企業に紹介してしまった場合は、その会社から転職エージェントの評判が悪くなる可能性がありますので適当に紹介しないのも納得してもらえると思います。

また、転職エージェントは、直接的に、企業の採用担当者から、求人の良し悪しを詳しく質問してきますので、リクナビネクストのプライベートオファーが、送られてきたということは、言い換えれば、求人企業の求めるものと、応募者の実際の実力がかなり近いものであると証拠にもなります。

その点では、一般での応募より、内定につながる確率は、かなり高くて、利用するメリットは十分高いです。

だからこそ、転職エージェントのプライベートオファーは貴重であり、返信して実際に転職エージェントに登録することをおすすめします。

リクナビを使う人はまずはリクルートエージェントから登録するといいですね。

転職エージェントからリクナビネクストのプライベートオファーを受ければ、その求職案件で採用にならなかった場合でも、それ以外の求人案件を紹介してくれます。

本気で転職したい人は、転職エージェントからのリクナビネクストのプライベートオファーも、受けておいた方がメリットはあります。

企業からのプライベートオファーは書類選考免除でいきなり面接

企業からの直接送られてくるプライベートオファーは基本的に書類選考免除でいきなり面接に進めます。これは実際にリクナビネクストのオファーの説明ページにも記載されています。

企業からのプライベートオファーに返信すれば、話がトントン拍子に進むので企業からの直接のリクナビネクストのプライベートオファーは、他のオファーメールよりも内定の確率が高くなります。

だからこそ、興味のある企業に対してはすぐに返信しましょう。悩んでいると他の人に内定が出てチャンスを逃してしまいますよ。

また、リクナビネクストのプライベートオファーは、全ての発信履歴や、返信履歴、面接の日程の調整、採否の判断、待遇の提示など、応募者との間で行われるメールのやりとり全てがリクルートのシステム上で行われますので、セキュリティ上でも安心して利用出来き、送った送らなかったなどの後からの揉め事、トラブルや、サーバー上の不具合などで、無駄な心配する事が無いため、とても良いシステムです。

当然スマートフォンからの送受信もできるので、いつでも仕事をしながらでも対応出来る柔軟なシステムであると思います。

リクナビネクストで企業からプライベートオファーを貰うために

内定がほしい人はプライベートオファーを欲しいと思います。そこでまずはプライベートオファーの設定をオンにしましょう。これがオフのままだと絶対にプライベートオファーがきません。

次にレジュメ完成度診断をうけよう

レジュメ完成度診断

レジュメ完成度診断とはレジュメを見ながらはいい家を答えていくだけで完成度と個別のアドバイスを教えてくれるので、書類選考が通りやすい職務経歴書になっていきます。

レジュメ完成度診断は診断したい経験職種を1つ選びます。

  • 営業系
  • 事務・企画系、専門職系(コンサルタント・金融・不動産)、クリエイティブ系、その他(教師・公務員)
  • サービス・販売系
  • 技術系(ソフトウェア・ネットワーク)
  • 技術系(電気・電子・機械)、技術系(素材、食品、メディカル)
  • 技術系(建設・土木)

複数の職種を診断したいときは1つの職種が終わったら、改めてやってください。

はい・いいえの項目は次のようなものがあります。

  • 所属部署情報(在籍期間・部署名・メンバー数・役職)
  • 業務の全体的な規模とその中でのあなたの位置づけや責任範囲
  • 具体的な取り組みとその成果・評価(具体的・客観的に)
  • 身につけた専門スキル・知識

などなどです。

そして最後に、経験職種がかなり細かく記載されている中から1つ選ぶと膨大な量のアドバイスが表示されます。

  • 何行で担当業務を書くか
  • 企業規模が小さい場合は書かなくてよい
  • 業務の対象が対企業だった場合はその法人の規模や業種
  • 業務の結果を数値で書く
  • 専門用語を使う

こういったことが細かく記載されています。この通りに書いていけば、かなり精度の高いレジュメが完成します。何文字で改行するかなども書かれているからすごいですよ。 

書類選考を突破する主な職務内容は600文字以上で

職務経歴書の内容は300文字だと最低限伝わる。600文字以上だとはっきり伝わるとリクナビNEXTでは紹介されています。でも次のような問題があると思います。

  • 第二新卒や就職期間が短いので書くことがない
  • 前職を辞めてからの退職期間がのブランクや空白が長い
  • 派遣経験が長いので転職回数が多く見える
  • 1社しか働いていないので職務経歴書が長すぎる

このような問題をクリアするためにそれぞれ詳しくアドバイスしてくれるケーススタディごとのコンテンツも用意しています。これを参考にしながら職務経歴書を充実させていきましょう。

企業から届くものは、なるべく欲しい人材だ

けに届き、エージェントから届くものは、エージェント本人が企業にマッチしやすいような人材を選考する為に送られるものです。

オープンオファーも大手が多いリクナビネクストに登録した経歴は大事

プライベートオファーも大事ですが、オープンオファーも非常に大事です。こちらは会社説明会や書類選考を受けませんか?といった内容のものが多いのです。

しかし、必要最低限の条件をクリアしているということになるので大手企業からオープンオファーで書類選考や企業説明会にこないかと誘われることは自信につながります。

自分は1部上場系の会社からかなりきています。皆さんが知っている通信系や不動産系や小売サービスなどなどです。

F欄大学卒業だけどスキルや職歴がしっかりしていれば誘いが来るもんだなと感じます。ついでにいうとリクルートからもきてます。

このように、きっちり職務経歴書や保有資格や経験スキルなどを設定しておけばどんどん届くのでおすすめですよ。

まとめリクナビNEXTの評判とエージェントの違い

リクナビネクストを使用する事で、成功するかどうかという点ですが、自分も利用した経験から、リクナビネクストが優れていて、成功する理由を紹介します。

まず、何より良質な求人が多いという点、これは、リクナビネクストに掲載するという事がお金をかけれる人事の資金力があるという事になり、ある程度の力のある企業が求人を出しているという事になります。

ハローワークに求人票を出す企業の理由は、基本的には無料であり、一定の年齢以上の求職者を採用した時は、国からの援助金のようなお金が支払われたりして、このような事を目的で求人を出す会社もあるようです。だからブラック企業などが跡を絶たないわけです。

逆にいえばお金を出しても人を雇いたいという企業は結果的に、ブラック企業の求人が少なくなる理由にもなります。

そして、ネットからの応募により、クリックひとつで応募できてしまうスマートさがあります。やはり、情報化社会で情報が毎日アップデートされ、ナマモノである求人を見て良いと思えば、すぐに応募できるという事が、なによりも代えがたいものであり、チャンスを逃さない事へ繋がります。

ぜひあなたも転職で成功をおさめるためにリクナビネクストに登録してみてはいかがでしょうか。あとは転職エージェントのリクナビエージェントもおすすめです。

リクナビネクストの口コミと評価は求人数が一番多い無料転職サイト

転職サイトに登録する場合の公式サイトはこちら

あなたにおすすめの転職記事