読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業内容と業務内容と職務内容の違いとは

就職・転職 ビジネスマナー

事業内容と業務内容と職務内容の違いとは

就職活動の面接で、当社の事業内容についてなどの質問に対して、あなたは自信をもって正しく使い分けることができますか?事業内容、業務内容、職務内容とは似たような言葉が並びますが、実はそれぞれに違う意味があります。

実際に何となく分かったつもりで使っている人が多いのではないでしょうか。社会人にとって、事業内容と業務内容と職務内容の使い分けは非常に重要です。知らないままでは不利になりますので、しっかりと理解しておきましょう。

事業内容とは会社の事業の特徴や魅力が書かれている

事業とは、会社や組織が行っている仕事のことを言います。

事業内容とは、その会社や組織が行う仕事の内容を意味します。会社の事業の特徴や強さ、会社としての魅力を紹介する内容が書かれています。これは、定款(会社や法人の目的・業務執行に関する規則を記載した文章)に基づくのがルールです。

例えば、電化製品を販売製造している会社を例に挙げると、事業内容は、業務用及び家庭用電化製品の製造、販売になります。現在は企業がそれぞれにホームページ上などで事業内容について明記されていますので、よく読んでおきましょう。

業務内容とは事業の中で発生する仕事

業務内容とは、会社の各部署で行われている事業の中で発生する仕事のことを言います。

企業や官庁の仕事の内容といった意味で使われることが多いです。

例えば電化製品を製造・販売する会社の業務内容は、製造するための仕事と、販売するための仕事と大きく分けることができます。

そして、その製造するための仕事には、電化製品を開発するための研究する仕事、設計する仕事、材料を調達する業務などがあります。

販売には、営業業務や、受付業務などの多くの業務があります。会社が事業を行いそれを運営するために必要な仕事が業務であります。

職務内容は個々の社員が担当する仕事

職務内容とは、それぞれの業務に分かれて仕事をしていく中での個人に与えられた仕事の内容のことを言います。

例えば、友人から今は何の業界にいるの?と質問されたとき、正しい答え方は、「IT業界だよ」とか「食品製造会社にいる」というとより分かりやすく伝わります。

また、面接で前職の職務内容を聞かれたときに、「営業部にいました」と答えると質問者は満足しないでしょう。

営業部でどんな仕事を担当していたのかを知りたいわけですからしっかりと職務内容を答えるようにしましょう。

面接で答えるために自信を持てるような準備をしよう

就職活動で事業内容などの質問をされたとき、どの答えたらいいか?

事業内容は上記のとおり、企業の大きな仕事の内容となります。大企業になると企業名から何をしているか想像がつくものもありますが、色々な事業を行っている企業もあることから、全部の事業内容にしっかり目を通して理解を深めておきましょう。

次に業務内容と職務内容についてですが、業務とは、事業を行う会社などの各部署で行われること、事業の中で発生する一部の仕事のことを意味します。

職務とは、個々の具体的な仕事内容を表すときに職務という言葉を使います。前職がある人は履歴書と一緒に職務経歴書も提出しますが、業務と職務の使い分けを間違わないようにしましょう。

たとえば、前職について質問を受けたとします。「法人営業を担当しておりました。」という内容で答えるべきものを、「営業部にいました」と発言してしまうと相手の欲しい答えではありません。

言葉の意味を混同してしまうとミスにつながることにもなりかねません。

事業内容、業務内容、職務内容を理解することは採用への近道である

事業内容、業務内容、職務内容とそれぞれに詳しく調べていきました。

  • 事業内容とは、会社が行っている仕事
  • 業務内容とは、事業の中で発生する一部の仕事
  • 職務内容とは、会社の個々の社員が担当する仕事

似ているようで全く違うことが分かりました。

事業内容>業務内容>職務内容というイメージでとらえると分かりやすくなります。職務内容は社員が担当する仕事になりますので、その仕事に対して必要なスキルや経験があれば職務経歴書や面接の時にしっかりとアピールできるポイントになります。

面接などで、当社の業務内容は知っているかという質問など出る場合があります。事前にホームページなどでよく確認をして、しっかりと暗記しておくことが大切です。

また、就職する際に仕事内容をきちんと理解していなければ、入社後にこんな仕事だと思わなかったというギャップが生まれてきます。

能力は高くても、企業理解が不十分のままでは満足に働くこともできません。希望する会社の事業内容、業務内容、職務内容をよく理解しておくことも重要なポイントとなります。また、関心の強さや募集職種への適合性の高さなどをアピールするためにも事前に事業内容・業務内容・職務内容をしっかりと調べることが大切になるのです。

あなたにおすすめの記事