読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業職に求められる能力とやりがいは

仕事の種類 仕事

営業職に求められる能力とやりがいは

営業職で働いてみたい、営業の仕事のイメージがつかない。営業職は他の職種に言い換えると、コンサルタントやセールス、企画プランニング等といったりします。営業だからちょっとと思っている人は是非一読してみてください。

 営業職は企業の花形ともいえる職です。自社の顔となり、顧客との良い関係を築き、自社の商品の良さを宣伝していきます。

同時に、自社の事務方や開発に関わる従業員と顧客との架け橋となる役目も求められます。自社の中で顧客の求める事柄に関する情報を共有し、より良い商品を提供していく必要があるのです。

営業職は企業の中でもとてもやりがいのある仕事です。それでは、これから営業職の魅力と求められる能力についてみていきましょう。

営業は花形の職種そして会社の信用を勝ち取る仕事

営業は自社の売り上げを左右するとても大切な役割を担います。自社の商品が売れれば、企業の業績は伸びますし、売り込みに失敗すれば、業績は悪くなります。それだけに会社から期待される役割も大きいものとなります。

顧客に直に接する社員として、お客様にとって心地よい方法でサービスを提供していく必要があります。

時に、事務方のミスなどによってクレームが発生することがあります。そのような時には営業は会社の顔として、自分に非がないことであっても会社を代表して謝罪する必要が生じることもあります。

それでも、謙虚な姿勢と真摯な対応により、顧客の信用を勝ち取り、会社のブランド力を向上させていくことも、営業の仕事なのです。

営業はお客様のコンサルタント

営業は自社の商品を顧客に売り込んでいく必要があります。とはいえ、お客様にとっては自分にとって必要な商品やサービスを購入しているに過ぎません。

営業は自分のするさまざまな業務を通して、経験を向上させるとても良い立場にあります。自社のどの商品が、どのような場面で、お客様の役に立つことができるかを十分に把握する必要があるのです。

例えば、食品をお店に売り込む営業を行なっている場合を考えてみましょう。コンビニとスーパーマーケットと百貨店、直売所では、それぞれ必要とする商品は異なります。

コンビニでは、即席性のある商品の提供が求められるでしょうし、百貨店では、無添加で質の良い食品の提供が求められます。消費者の嗜好に合わせて、棚割を組むことが求められます。

百貨店の飲料の棚に小麦粉を置くことは不適切です。一方で、スーパーマーケットの調味料の棚に、他の商品よりも高価で質の良い商品を2、3点置くことは、消費者の購買意欲を刺激するものとなるでしょう。

このように、営業には、お客様の現状を把握した上で、どのようにすれば、お客様の売り上げに貢献できるか、あるいは、お客様ご本人のためになれるかを、自身の豊富な知識と経験に基づいてアドバイスしていくことが求められるのです。

営業は顧客と自社従業員の両方の視点が大事

営業は商品に精通するだけでは成り立ちません。商品の売り上げのことも、事務的な手続きのことも考慮に入れて業務を進めていく必要があるのです。

例えば、お客様の必要とする情報について、見積もりを作っているとします。お客様の事情に合わせて、普通よりも安価な値段で見積もりを作成することもあります。

その場合には、事務方の従業員にも、そのことが明らかになるようにして置く必要があります。

なぜなら、その情報について事務方が知らなければ、通常の価格で商品を売り上げ、約束と違うということでお客様に不信感を与えることになりかねないからです。

他にも、事務的な手続きに関して煩雑な業務を軽減できないか、お客様にお願いする必要も生じることがあります。

あるいは、商品や手続きに関してお客様からのクレームに対応する必要が生じることもあります。その都度、お客様の事情と自社の事情とを勘案し、バランスを保つ役割が求められます。

そのためには、お客様に対しても、自社の従業員に対しても、常にコミュニケーションを欠かすことはできません。営業の業務は、他の人との良い関係の上に成り立つ職種なのです。

営業職に必要なのはコミュニケーション力と問題解決能力

営業は、お客様の要望に応え、自社の従業員に適切な情報提供を行い、さまざまな案件の調整役となっていく必要があります。

そのために求められる能力は、コミュニケーション能力と問題調整能力です。

これらの能力は、一朝一夕に身につくものではありません。とはいえ、営業としてさまざまな業務を経験していく中で、これらの能力は磨かれていきます。

営業職を通して身につけるこれらの能力は、仕事に関わらず、生活上生じるどのようなことにでも求められるものです。営業の仕事を通して、何事にも変えがたいスキルを身につけていくとができます。

一方、営業は会社の顔です。お客様が何か相談事がある時には、まず営業に相談します。社内でも、営業職には敬意が払われます。何か顧客とトラブルが生じた時に従業員が相談する相手も営業なのです。

営業に期待される役割には大きい

とはいえ、営業だからこそできる大きな役割もあります。仕事にやりがいを見出したいと思っている人にはもってこいの職種です。

では、良い働きをしたいと思っている方、一人で何役もこなす営業職に申し込んでみるのはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事