womanwillウーマンウィルの評判は女性転職専門

f:id:dougacc:20171215204030j:plain

書類選考が通らない女性におすすめ、女性の転職エージェントで書類選考通過率2倍!大手マイナビ転職が手掛ける20代30代の女性の転職を支える求人サービス

ウーマンウィル公式サイトを見る

20代30代の女性の転職でウーマンウィルがおすすめな人

女性の求職者の方でも、転職するきっかけは様々です。どのような人がウーマンウィルにおすすめなのか

  • キャリアアップを目指して転職を希望する女性
  • 結婚を機にそれまでとは違った家庭にも軸足を置いた働き方を希望する女性
  • 新しいキャリアにチャレンジしたい女性

マイナビが運営するウーマンウィル(womanwill)とは

最近の転職エージェント業界の動きは大手の転職エージェントがそれぞれのターゲットに絞った事業展開です。

女性に特化した転職エージェント、20代と30代の女性に特化した転職エージェント、管理職以上に特化した転職エージェントなどです。

今までは大手の転職エージェントは、そのすべてを1つの転職エージェントだけで転職支援してきたのですが、最近ではこのように運営元は同じ企業でも、事業を特化型に分けています。

ウーマンウィルは、マイナビエージェントという大手の転職エージェントが新しく立ち上げた女性専門の転職エージェントです。

転職エージェントの名称で何となくどのような層に特化しているのか想像がつくかもしれませんが、女性に特化した転職エージェントです。

女性の社会進出が増えているなかで、ウーマンウィルを運営するマイナビは、これまで以上に女性の転職機会が増えると考えて女性の転職に特化したウーマンウィルを作りました。

 

今までマイナビエージェントという転職エージェントで、そのすべてを支援してきたのですが、転職支援の範囲や質に男性と女性では違いがあるということでウーマンウィルを始めたのです。

すべて女性のキャリアアドバイザーで安心

私も転職エージェント業界の交流会などでウーマンウィルに在籍している社員と会う機会があるのですが、女性に特化した転職エージェントだけにキャリアアドバイザーの全員が女性です。

求人を開拓する側の企業の営業マンには男性もいますが、キャリアアドバイザーのすべてが女性。

女性の求職者の方は、女性の視点で女性ならではの悩みや面談の相談などの転職支援を受けることができます。

女性専用の求人情報が提供される!

ウーマンウィルの求人紹介内容は、女性視点で作り込みされているので働くイメージがつきます。

総合転職エージェントの求人は、男性女性に関係なく標準的に記載されているため、女性である自分が転職後にどのような働き方をするのかイメージがわかないことがおおい。

同じ求人でもマイナビエージェントから紹介される求人の記載内容とウーマンウィルから紹介される求人の記載内容が異なります。

同じ職種、同じ年収でも求人を書き起こす対象がマイナビエージェントかウーマンウィルがまったく違うように見えます。

ウーマンウィルは先ほどお伝えした通り母体はマイナビですので、マイナビが別で展開しているマイナビエージェントと求人のデータベースは同じです。

ウーマンウィルは電話で求人詳細を教えてくれて安心

女性のキャリアアドバイザーならではの求人の紹介でも女性の視点から紹介してくれます。必ず電話やメールで求人に記載されていない求人企業の特徴を紹介してもらえます。

男性も対象にした大手の転職エージェントとの対比で考えるとこのあたりも差別化ができていて女性には心強い味方と言えます。

男性の総合転職エージェントは基本メール

総合転職エージェントの場合、普通は面談以外はメールで求人を紹介する程度になります。

求職者の方は、自分でまだ働いたこともない企業を求人内にある情報だけから応募するかどうかを決めなければなりません。

履歴書職務経歴書の添削は他社比較2倍の通過率

ウーマンウィルの書類選考通過率は、女性だけ他の転職エージェントよりも2倍ほど差が出るという実績があります。

同じ母体でありながらもマイナビエージェントとウーマンウィルでは転職支援の質に違いの代表例がレジュメの添削サービスです。

ウーマンウィルでは女性のキャリアアドバイザーだけを在籍させて、キャリアアドバイザー自身の転職経験も踏まえてどのような書き方をすれば女性でもマイナスイメージを持たれないのか、どのような書き方が通過率を高めてくれるか教えてくれます。

実績や経歴を書き換えることは詐称にあたるため、そのようなことはしませんが、求職者の方の多くは自分が女性であり、それがメリットになり、その成果に繋がったということをあまり意識していないため、この部分を女性視点でうまく表現する書き方を教えてくれます。

場合によっては、キャリアアドバイザー自らがすべてを作り込んでくれることもあるので、作成時間を省くことにもなります。

すべての女性の悩み他社だと書類選考が通らない理由

レジュメは企業の選考を受けるためには必ず必要になるもので、企業の選考フローのなかでは最も選考通過率が低いことで知られています。

本来、法的に認められていないのですが、女性であることを理由に選考で不利に扱ったり見送りにしてはいけないのですが水面下ではこのようなことは当たり前にあります。

ウーマンウィルが持つ求人は女性が応募できる求人だけですので、問題ありません。

しかし、書類選考において書き方によっては企業へ女性であることが理由でネガティブイメージを持たれ見送りになることもあります。

女性であることが影響しないためにもウーマンウィルを利用するほうが、他の転職エージェントを利用するより転職する確度が上がると言えます。

参考までに同じ求人でも男性と女性で転職活動に差が出るという風に言われています。

リクナビなどの転職サイトですと、書類選考すらしてもらえず、女性というだけではじかれてしまうこともおおい。女性の転職は転職エージェントを使うのがおすすめです。

面接に同席や代理面接で男性の圧迫面接を防げる

女性のキャリアアドバイザーが面接同行することで、自分の味方増え、緊張感は軽減されスムーズに話をすることが可能になります。

原則的に同行してもキャリアアドバイザーが面接内で口出しは禁止なのですが、求職者の方が面接で詰まる状況になるとさりげなくケアしてくれます。

企業は面接時に正直に答えなくてはいけなくなるので、本当にいい企業への面接が増えることになります。

面接後は、その企業の出口で求職者の方とは別行動になります。

ウーマンウィルのキャリアアドバイザーはその後どのような行動は、再度、企業に訪問して面接の後押しをしています。

このケースは、通常、他の転職エージェントでは電話で企業に連絡し状況を確認するまでになりますが、ウーマンウィルは女性の転職支援に注力しているため、ここまでしてくれます。

最近、女性の求職者の方はウーマンウィルの利用率が高いとなっていますが、ここまでしてくれる転職エージェントは大手でれば他にありませんので、良い評判が求職者の方にも広がっています

なぜウーマンウィルは面接に同行できるの?

基本的に企業の選考は求職者の方が一人で企業に訪問し面接を受けます。

転職エージェントは転職支援をすると言っても、できないこともあり、それが面接の同行や代理面接です。

しかし、ウーマンウィルの場合、企業との信頼関係が強くあるため、また、女性の求職者の方をサポートすることが女性の求職者の方の転職活動の可能性を広げると考えて企業の面接に同行することもあります。

この背景は、企業との信頼関係が強く影響しているのですが、何度かご紹介している通り、ウーマンウィルは母体としてはマイナビエージェントと同じマイナビです。

ウーマンウィルの企業への求人営業は飛び込みやテレアポなどで開拓するというよりも、すでにマイナビエージェントが取引している既存の顧客のデータベースを引用することができるので、ウーマンウィルとしては実績がなくてもマイナビとして実績があるため、信頼を使い面接同行を実現しています。

 

女性の妊娠出産子育てなどの悩みを女性視点で解決

女性の求職者の方ではなくても、どのような求職者であっても転職活動は不安がつきものです。

この不安が増幅すると自分では思ってもみない自分の希望とは違う転職結果になることも可能性としてはあり得ることです。

そこまでの話にならなくても他の求職者の方がどのような転職活動をしてどのような活動進捗なのか全くわかりませんので、その分、不安は大きいです。

特に女性で結婚や育児を経験している場合は、イメージとしてどの企業も残業は必須で家庭との両立が難しいのではないか?

それが理由で見送りになるのではないか?

など女性特有の不安や悩みがあります。

女性特有の悩みを解決し、自信を持たせるように定期的に面談を行い解消してくれます。

他の求職者の状況や同じ女性の過去の転職成功事例を数多く紹介してくれますので、心のケアも十分です。

転職活動はメンタルに弱さがある求職者の方はあまり良い結果にならないという定説があるのですが、女性の場合はこの部分が自分の置かれた状況と相まって不安を持ちますので、ウーマンウィルでメンタルの解消も心がけましょう。

模擬面接の実施で女性に多い質問対策

面接はどのような求職者の方でも転職するためには通る道です。 女性だからという理由で面接官から聞かれる質問があります。

そのような質問に対いてどのように答えることで企業から良い印象を持たれるのかをウーマンウィルは熟知していますので、踏まえた上で模擬面接を行ってくれます。

他の転職エージェントでも模擬面接は転職支援の範囲になりますが女性視点での模擬面接はありません。 ウーマンウィルはその企業がこれまでどのような質問をしたのか、また、女性にはどのような質問をしたのかを把握しているので面接前には過去の質問を教えてくれることもあります。

女性の管理職求人も多い

企業組織として管理職は全体の約2割で、そのうち女性の管理職の割合は2割程度です。

大半が男性の管理職ということで女性の求職者の方で管理職の求人に応募して転職するということはどれだけ狭き門であるか分かると思います。

また、水面下で管理職求人の多くは企業側は女性不可としているため、女性の求職者の方に管理職求人が紹介されるということ自体少ないです。

ウーマンウィルでは、マイナビエージェントの求人も同時に扱うことができるため、マイナビエージェントでは紹介不可となっている管理職求人もウーマンウィル経由では応募することができるという求人も複数存在します。

仕事と家庭の両立を考えつつ、仕事では転職後も企業の中心として活躍したいと考える女性の求職者は多いです。 ウーマンウィルを利用するだけで管理職として転職できる可能性が他の大手の転職エージェントを利用するよりも高まるのです。

ウーマンウィルはマイナビエージェントの求人も紹介されることを考えるとウーマンウィルだけを利用して転職活動するだけで、女性の求職者の方であっても十分、苦労することなく転職することができると思います。

ウーマンウィル公式サイトを見る