読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好かれる営業マンがその場で話のネタを作る方法

仕事 ライフハック・便利

f:id:dougacc:20141023211053j:plain

">初めての営業先では相手先とはほとんど接点がありません。そのため訪問されてからすぐに本題に入ってしまうと思います。しかし、相手も人間、ほとんど面識のない人の話を率先して聞いてくれる可能性はありません。

そこで営業先で本題に入る前に話題を作るための大事なポイントをご紹介します。

訪問先の玄関からすでに営業は始まっている!

はなしのネタは相手の会社からゲットすればいいんです。会社の玄関から受付、会議室に通されるまでの通路、もちろん会議室すべてを観察してみましょう。その間にいろいろな発見があると思います。

例)
・見慣れない花がある。
・受付の対応がすばらしい。
・絵画が飾ってある。
・植木にしっかり水がかけられている。
・オフィスがきれい
・さまざまなオブジェ

などなど

会社にあるものはその会社がこだわりがあって置いているものです。さらに社員の対応やオフィスの雰囲気はそのまま会社を表します。

そしていいなと思ったところはとにかく名刺交換をしたときにそれを褒めるといいです。すると相手の担当者はこだわりがある部分を褒められるとまんざらではありません。

ここで大事なのは自分が本当に素敵だなと思うことを伝えることです。相手は営業に対してシビアな目で見てきます。気持ちがこもっていない言葉はすぐに見抜きます。

習慣化していくとかなり楽になりますのでぜひ皆さん日々努力して習慣化してみてください。

あなたにおすすめの仕事の関連記事