読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲かる会社の人事部にはSEO知識とwebマーケティング力が必要

seo 人事 仕事

人事面接

会社を成長させるにはいい人材を雇ってその人材を使って良いサービスいい企画などを実現させていく事が必要です。そのためには人事がいい人を集めなければいけません。それには人事に協力するwebマーケッターがいないといけません。

1人雇うのに200万ぐらい必要なの知ってます?

正社員を1人雇うにはおおよそ200万程度のコストがかかります。新卒なら100万いかない程度ですね。これは日本がリクナビやマイナビやDODAなどの求人情報サイトや転職エージェントを中心に採用活動を行っているためです。

人事が人を雇うにはここに掲載する原稿で全てが左右されてしまうのです。

求人情報サイト内でもキーワード選定が必要

リクナビなどの求人情報サイトも結局はカテゴリ検索やフリーワード検索何ですよね。さらにそのページもgoogleなどの検索エンジンにクロールされて検索エンジンの上位に表示されるかどうかで求人への応募数が変わってきます。

っということは、人事部もSEOの知識は必要だし、キーワードの選定や原稿のライティング力が求められるわけですよ。採用したいターゲットもきっちり絞り込んでペルソナ想定してってやることいっぱいあるんですよね。

人事部は直接売上を上げません。広告費を使うしかありません。そのためシビアにどれ位、人をとれたかという目標を立てている企業もあります。これをクリアするためには全くこの辺りの知識を知らないのは辛いですよね。

人事部に求人を募集する部署は具体的にキーワードを指定すること

求人は人事部に丸投げするんじゃなくて、具体的に検索して欲しいキーワードを必ず提示すること。それをベースに社内のマーケティングチームと会議をして具体的な原稿を作っていくことが大事。

広告費半端無いんですから、人事に丸投げは絶対ダメ、いい人が来ない人事何やってんだ!って起こる前に、人を雇うためにしっかりとした情報を提供できているか、自分の思った内容が広告出稿されているか。求人サイトに掲載されているかチェックすること。

最終的には自分のチームで雇うんですから人事採用をプロジェクトとしてきっちりやりましょう。

人事も人が集まりません。じゃなくて何で集まらないかを分析するように数字に強くなりましょう。まじで広告費は湧き水のごとく出てきませんから。