読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の優先席で携帯スマホの注意やトラブル電源は切らなくていい例

考え方

電車の優先席で携帯スマホの注意やトラブル電源は切らなくてよい

ルールが変わり電車の優先席付近では空いている時にスマホや携帯を使っていても問題ありません。ルールはしっかり把握してトラブルを回避しましょう。

JRや地下鉄など電車の優先席が混雑時は携帯電話やスマホ電源は切る

電車の優先席でスマホや携帯を使ってはいけないわけではありません。電話の通話については、迷惑行為になるのでダメです。

2015年10月1日からルールが変わって、混雑時は電源を切る。となりました。

念のため、変更前と変更後

  • 変更前:「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」
  • 変更後:「優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください」

混雑時していなければ、基本的には優先席付近のスマホはマナーモードで問題ありません。

ルールを把握していない横暴な老人、正義感を振りかざす中年男性や中年女性が、むしろ迷惑行為なのです。

医療器具やペースメーカーなどにも影響がないことがわかってきて各社対応が変わりました。

では優先席付近の混雑時のスマホの電源を切る状況とは

混雑時はとはどのような状況を言うのでしょうか?

混雑時っといってもどの程度かわかりませんよね。目安としては、隣の人と肩が触れ合う程度の満員ぐらいです。

簡単に言えば満員電車じゃなければセーフかなって感じですね。

この辺りは明確な基準が出ていないのでそれぞれの感覚によりますが、満員電車ではやめておきましょう。

優先席付近の携帯電話切れと注意されたらルールをしっかり伝える

優先席は譲るための席で、老人専用の席ではありません。

座ってるだけでいきなり蹴られたり、殴られたりしたことがあってから、優先席に座ってる時には老人には席を譲らないと決めました。

高齢化社会で老人が増えていくので、こんな老人たちは他の席でも文句を言ってくる可能性が高いです。

老人や正義感を振りかざす中年男性や中年女性は、勝手にルールを解釈して曲げるので、しっかりルールを伝えて、JRt交通機関各社に問い合わせてもらいましょう。

放置すると正しいと思ってしまうので、しっかり注意して案内して優先席付近では空いてる時はマナーモードで問題ない。ということを広げていくことでトラブルが減ります。

ルールは周知されないと意味がありません。

まとめJRや地下鉄など電車は混雑時以外はマナーモードで

とはいっても、優先席付近ではしっかりマナーモードにして通話はしないことを徹底しましょう。

満員電車などの混雑時は電源をオフにするか機内モードでスマホを利用する。

念のため機内モードでの利用はいいのか交通機関に確認したところ、東京の地下鉄の場合は機内モードにしていればいいとのことでした。

自分のよく使う電車やバス交通機関などのホームページなど電車で優先席付近について確認してみたらいかがでしょうか?

あなたにおすすめの記事