過敏性大腸炎

過敏性大腸炎の薬をアサコールからリアルダで寛解

過敏性大腸炎アサコールが効かない血便や出血が止まらなかった

かれこれ過敏性大腸炎になって2年以上が経過しました。最初の頃はアサコールを1日3錠を朝昼晩の3回で9錠飲んでました。

でもだんだん効かなくなったんですよね。真面目に飲んでても全然良くならない。走行して数ヶ月経過しても微妙な血便だったり、下痢だったり、寛解には程遠い状態でした。

薬も1日3回飲まなければいけないということもあり、出勤前の飲み忘れ、お昼に会社にアサコールを持っていくのを忘れて。。。なんてかんじで、ちゃんと飲めてないときもあったせいもあります。

1日3回のアサコールから1日1回のリアルダにかえた効果が最高

私はうつ病もあるので、うつ病の薬が1日6錠飲まなければいけません。それに合わせてアサコールを9錠飲む。っとなると飲み忘れちゃうし、薬を飲むストレスが半端なかったです。

過敏性大腸炎のネットのグループに入って、いろいろ相談したところリアルダという薬を教えてもらったので、担当の内科医の先生にリアルダを飲みたいと相談しました。

先生の返答、アサコールとリアルダはカプセルの中身は一緒、メサラジン。でもリアルダのほうが、より多くの成分量を飲める。から試してみようと言われました。

その代わり、もし効かなかったら、ステロイド剤を次から使います。もしだめなら入院してもらいます。と言われました。

飲み始めてから最初の2週間ぐらいで、効果が抜群に出ました。下痢はもちろん、血便もなくなり、うんちをしたあとに毎回血が出ているか確認するときの不安がなくなりました。

リアルダが一番いいところは1日1回なので飲み忘れない

朝起きたら、1回最大4錠飲む。1粒がアサコールの2倍ぐらいの大きさがあるので、かなり飲みにくいですが、1日1回だけ飲めばいいので、薬を飲み忘れることもなくなりました。

毎日しっかり薬を飲む。それが一番大事なことです。当たり前ですが、飲み忘れたり、調子がいいからといって飲むのをやめて病院にいかなくなる人が多いそうです。そういう人が手遅れになり、大腸摘出をしたりするそうです。

アサコールの1日3回に比べたらかなり楽なので、しっかり飲めてます。

今は調子が良くなって、少しずつ薬を減らして、どれぐらいの量がベストか調整中です。今は1日2錠です。

過敏性大腸炎の食事は木にせず何でも食べる

私の主治医は難病指定医の先生で、難病指定の障害寄付金の書類を書くことができる先生です。

その先生に食事を気をつけたほうがいいですか?って聞いたところ「気にするな何でも食え」といってくれました。

薬が効いてれば問題ないとのこと。でも、病院で配っているいろんな過敏性大腸炎のサッシを読むと、コーヒーお酒はだめ、油ものもだめ、消化に良いものを食べてください。とあります。

先生が食べていいというから、気にせず、唐揚げも、天ぷらもコーラもコーヒーもケーキもチョコもポテトチップスも食べてます。

しかし、薬がしっかり効いているので全く問題ありません。

潰瘍性大腸炎は1週間で一気に悪くなるから気をつけろ

先生曰く、潰瘍性大腸炎は症状が落ち着いていれば、問題ありません。しかし、血便や下痢で出血がある場合は、要注意です。

ちょっとつらいなぐらいが一気に悪くなって入院大腸摘出までよくあるらしいです。
そうならないように、しっかり薬を飲んで寛解を維持したいと思います。





まだデータがありません。

-過敏性大腸炎