読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地頭力とはコミュニケーション能力だけではない

仕事

地頭力とはコミュニケーション能力だけではない

地頭がいいと仕事の評価が高い。仕事を始めると聞きますよね。地頭がいい悪い。大学や高校ではあまり聞かないこの言葉はいったい何かそれはコミュニケーション能力だけではない

地頭力とは学校の生活の総合力でもある

地頭力の授業なんてものはないですが、学校生活の授業や人間関係、部活などの総合力を表していると思うとわかりやすいと思います。

数学などの理数系授業の発想力を使う授業、国語や社会や英語の文系のコミュニケーションなどに必要になる授業。

学校生活や部活などは人間関係を高めるコミュニケーション力など。

このようなもを総合して、実社会のビジネスや仕事に応用できる力を地頭だと思ってください。

地頭のいい人と悪い人の特徴は応用力

地頭いい人と悪い人はどこで差がつくのでしょうか?その特徴とはいったい何か?

学生時代は答えがあるでテストをクリアすればなんとかなってきましたが、社会人になると、答えがない仕事が多いです。

何が正しいか正しくないかは、人によって変わりますし、技術の発達や社内環境に寄って変わります。

決まったことしか出来ない、自分で考えて行動できない人が地頭が悪いと言われますね。

逆に地頭がいいという人は、依頼された仕事をただやるだけでなく、目的もきっちり押さえて、相手が必要だと思うものを提出できる。そういう能力です。

地頭が悪い人は相手が悪いと思う人

もっとわかりやすく言うと、地頭が悪い人は、言われてないです。言われた通りにやったので自分は悪くないという人です。

確かに、言われた通りにやっていれば問題はないんですよね。理不尽だ!って思う。そして文句を言って終わってしまう。

現状を変えようとしないんです。

地頭がいい人の特徴はじゃあ次からどうすべきか?を考えて行動する人です。

仕事の目的を聞く、締め切りを聞く、本当にそれだけでいいのか?作業ベースで問題ないか聞くことです。

仕事のやり方は人によって変わってきます。依頼してくる人の特徴を把握して対処することも大事ですね。

もちろん上司や先輩が地頭がない人の場合も多いので、その場合は自分が大人になって対処してあげることが大事です。

変な上司の下だと困ることも多いですが、対応力や対処力、上司からのクレームにも強くなるので仕事力がアップします。と前向きに働いていきましょう。そんな会社は長くないので転職するでしょうし。

地頭を鍛える方法は普段と違う行動と交渉力

地頭を鍛えるためには応用力や交渉力に必要なコミニュケーション力を鍛えればいいんです。

簡単に言えば新しいことにチャレンジして、新しい人と友達や知り合いになることです。

いろんな人に出会うことはいろんな価値観を吸収することです。毎日決まった人と話しているだけだと何も変わりません。

やってみたいと思ってやってなかったことなどを始めていろんな人と話す機会を増やしましょう。

仕事はもちろんですが人生が豊かになります。仕事を定年で辞めた時に、何も残ってなかった何てことも防げますしね。

地頭力を鍛えるなら自分で考えて行動しコミニケーション力をつける

学生生活で培った勉強方法や人間関係を応用して仕事に使うことが地頭です。

言われた通りにやるのではなく、自分の経験からどうすればいいかを考え抜くのが大事です。

勉強意外にもいろいろなところで学べます。経験はお金に変わりますので、その経験をどのように使って働くかを考えていきましょう。

あなたにおすすめの記事