読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職フェアは社長や役員に会える効率のいい就職活動

就職・転職

転職フェアは社長や役員に会える効率のいい就職活動

転職フェアや転職セミナーで大手企業の部長や現場の採用担当、ベンチャーのシャチョに直接あって効率よく就職活動を行おう!入社後のミスマッチがなくせる、面接意外で気軽に質問できる貴重な機会

転職フェアが転職サイトよりも採用されやすいメリット

通常通りリクナビなどの転職サイトから申し込んだ場合、履歴書や職務経歴書で落とされてしまいます。スキルがあっても何故か通らない。その理由は人事は業務に関する知識や実務経験がないことがほとんどです。

どんなに技術があっても、履歴書や職務経歴書の書き方が悪かったら本当にいい人でも落とされてしまいます。

人事無能だわ、なんでこんな人とったの?とか言われがちですが、そもそも、現場の本当の状況がわかっていないからです。

例えばIT系の開発知識が必要なSEやプログラマーに最近人気のデータサイエンティスト、デザイナーやWEBディレクター。コンサルティング会社などのプロジェクトマネジメント経験者などは履歴書だけでは書ききれない専門知識があります。

それを理解できる人に会えるなのが転職フェアなのです。

転職フェアのメリット同僚や上司になる人に会え面接に進みやすい

転職フェアには人事だけが来ていると思われがちですが、実は人事だけでなく、実際に同僚や先輩になる面接官が来ていることが多いです。

なぜなら企業は1回の出店に数十万の出店費用を払っているからです。

企業としては、お金を無駄にしないために、履歴書なしの面接といった気持ちで参加しています。

お金を払っている以上、いい人はとにかく採用したいという意思があります。

実際に働いている人や上司になる人が転職フェアなどの合同説明会に参加したほうが、その場で次の面接に進んで欲しい人かどうか判断できるわけです。

転職フェアは参加者の面接や企業調査について知ることができる

転職フェアには大手企業から中小企業にベンチャー企業まで、様々な企業が集まります。

普通は大手が開催説明会などは、なかなか参加できません。さらに、その企業を受けようとする人の話などを聞くことなんでできません。

しかし、合同転職フェアは大勢が会社のブースに集まり、企業の担当者に質問をします。

どんな質問がその企業に好感を持ってもらえるのか、共感してもらえるのかを客観的にみて、ノウハウや自己PRの方法などを参考にすることができます。

それを見て、自分の履歴書や職務経歴書の内容を書き直したり、実際に転職活動で面接まで進んだ時に、逆質問などで好感があり、転職が成功する確率を上げられるわけです。

大規模の転職フェアは採用が多い時期に開催される

転職したい時に必要なのは、企業が求人を出していることです。企業が採用活動をしていないと、いくら就職活動をしてもいい会社に入れる確率は下がります。

だからこと、企業が採用活動をスムーズにできる時期に就職活動をするのが1番いいんです。

転職フェアや合同説明会はまさに一部上場企業から大手企業に中小企業やベンチャー企業まで様々な企業が参加します。

なぜ、一部上場といった有名企業とベンチャー企業が同じ転職フェアに参加するのか。

それは採用活動がスムーズに行いやすい時期かつ転職活動をしたい求職者の時期が重なるからです。

このタイミングで就職活動をしないでいつするのか!

ではいつ転職フェアが行われるのか、気がついたら終わっていたということもあります。

これは実際に転職フェアに登録しておけば案内メールなどが来るので、DODAやリクナビNEXTや@typeなどに登録しておくといいですね。

転職フェアをやっている転職サイトや転職エージェント

では実際に転職フェアやイベントをやっている会社IT転職フェアやエンジニア適職フェアなどがありますね。

大規模な転職フェアをやるのがDODAやリクナビ、定期的に開催しているのが@typeの転職フェアやマイナビの転職セミナーなどがあります。

それぞれ特色があるので転職サイトや転職エージェントに登録すると紹介してくれるので、参加日をしらなかったということがありません。

本気で転職したい!給料をアップしたいという人は、このような情報をとにかく収集するのがうまいんです。

無料で登録できるけれど、躊躇する人は決断力がないので良い転職は難しいかもしれません。

自分は人よりも評価されたい!給料を上げたいと思う人はお金持ちの習慣直ぐに行動を実践してみてはどうでしょうか

無料で登録できる転職サイト

無料で登録できる転職エージェント

あなたにおすすめの転職記事