読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御中の消し方と使い方と様との使い分け方

仕事 ビジネスマナー

御中の消し方と使い方と様との使い分け方

転職や就職活動や入社後に取引先と郵便のやり取りをするようになります。その際に返信用封筒の御中の消し方や様との使い分け方を紹介します。

御中の使い方は企業名や部署名につける

御中の使い方は企業名につけます。実際に個人宛に送られてくる郵便を見てみると、名前に御中が付いていませんよね。

山田 太郎 御中

こんな文章は見たことがないと思います。

御中はその企業に送る人の名前がわからない時や部署や部門の誰かに送りたいときなどに使います。

  • うさもふ株式会社 御中
  • うさもふ株式会社 ブログ部門 御中

御中は企業や会社名につけると覚えておきましょう。

御中と様は一緒に使わない

御中と様は同時に使いません。使うときはどちらかになります。

様は特定の個人に使いますので、特定の人がわかっている場合はわざわざ企業名に御中をつけずに人の名前に様をつけます。

うさもふ株式会社 御中
うさもふ様

とは使わないわけですね。

御中や様の消し方は2本線を使う

返信用の封筒に自分の会社名に御中や名前に様にがついていたら必ず消しましょう。

個人では宅急便や結婚式や同窓会の案内などがありますよね。

  • 縦書きの場合は縦に2本線 || こんな感じで消しましょう。
  • 横書きの場合は横に2本線を引きましょう。=こんな感じで消しましょう。

御中や様を消したら行に書き換えるその逆もある

返信用の封筒場合は行や宛などがあると思うのでその場合は消して御中または様を書きましょう。書く場合は担当者の名前がある場合は担当者の名前のそばに様を書いて、なければ会社名のそばに御中を書きましょう。

自分の名前に様や会社名に御中があったら2本線で消しておきましょう。これもビジネスマナーの1つです。

新入社員こそ注意したい御中と様の使い方

特に今回注意して欲しいのが、新入社員の方です。ビジネスマナーをきっちり守ってね!っという意味よりも、先輩や上司がネチネチめんどくさい人だったりお局様だったりで、一回ミスをするとしつこいからです。

こんなことで、仕事できない扱いされるのは嫌ですよね。

  • 様と御中を併用しない
  • 自分の様や御中は消す
  • 返信する場合は相手の会社名や名前に御中や様をつける

この3つを意識して、社内の変な先輩や上司に絡まれなようにしましょう。

あなたにおすすめのビジネスマナーなどの記事