読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京電力の電力自由化TEPCO(テプコ)の評判は

お金・マネー・節約

f:id:dougacc:20160510183411j:plain

2016年4月より電力の小売市場の自由化、いわゆる電力自由化が開始され、沢山の企業が電気業界に参入しています。

東京電力グループにおいても、電力の小売部門としてTEPCO(テプコ)東京電力エナジーパートナー株式会社がサービスを提供していくことになりました。これまで長年にわたり、首都圏の電力をまかなってきた一番の老舗である東京電力グループのプランを紹介します。

東京電力の電力自由化の一番のメリットは供給安定度

これに尽きると思います。東京電力は長年、首都圏1都7県(群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県)、及び静岡県の富士川以東の地域の電力を供給し続けている中で、電力の継続供給という意味では、他の新規参入業者にない信頼性があります。

電力自由化で安い価格で電気が供給されようとも、この供給の継続性がなければ話になりません。

電気が止まると生活も、何もかもが止まります。そう言った意味では、1951年の東京電力創設から約65年間、電力を供給し続けていることに対する信頼性は何よりもメリットであると思います。

このメリットは、他の新規参入の業者との比較する際には鍵になると思いますし、まずこの信頼性をベースに電力会社を選んでいくべきかと思います。

東京電力は電力自由化以前からサービスプランは多い

これまでの電気料金は従来からのプランである「従量電灯B・C」や「電化上手」という夜間帯(午後11時から翌日午前7時まで)にやすい価格設定がありました。

電化上手はどちらかというとオール電化の家庭でお得となる内容でした。

また朝得プラン(深夜1時から朝9時まで)、夜得プラン(夜9時から翌朝5時まで)、半日お得プラン(夜9時から朝9時まで)、土日お得プラン(土日の電気単価が安いプラン)など、ライフスタイルに合わせたプランはこれまでも沢山あったのですが、今回の電力自由化に伴い、さらに生活に合わせたサービスの提供は始めています。

東京電力エナジーパートナーの新サービスはポイント付与とスマート契約

これまでの従量電灯B・C(月平均のご使用量が300kWh未満)や、電化上手にご加入のご家庭は、電気料金のみを考えると、現在の契約を継続することが良いようですが、新しいサービスは電気料金によってポイントの付与(Tポイント、もしくはPontaポイントに付与)

スマート契約と呼ばれるピーク時の電力実績による基本料金を決める方法があります。

ポイントについては日常でもポイントを利用することが多いご家庭もあると思いますので、大変お得です。

スマート契約は新しい決定方法で、電気の使用実績にもとづいて、基本料金が決まりますので、工夫次第では、基本料金をどんどん下げることができるお得な契約です。
このポイント付与サービスと、スマート契約の組み合わせと、日頃の電気量を考慮したプランを選択するのが東京電力の新プランです。各家庭のライフスタイルに合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

東京電力自由化のスタンダードプラン

時間帯を気にせずに電気を利用できるプランで従来の従量電灯B・Cプランに似ていますが、毎月ポイントが付きます。

スタンダードプランにはS, L, Xのサブタイプがあります。
スタンダードSはアンペアブレーカ(電流制限器)による契約で、電気のご使用状況に応じてご契約アンペア(10〜60アンペア)を選択できます。これは従来の契約に近いものではないでしょうか。

スタンダードLは電気製品が多いご家庭でお得となります。漏電遮断器などの容量に応じた、6kVA以上の場合の契約となります。

最後はスタンダードLです。当月と過去11か月の30分毎の使用電力量の最大値をもとに、各月の契約電力を決定する契約(スマート契約)。電気の使い方を工夫することで契約電力を抑えることができ、料金も抑えられます。このスマート契約はスタンダードプランではLプランのみに適用されます。

ポイントは電気料金1000円(税抜)毎に5ポイントが付与され、さらにWebからこのプランを申し込みをすると500ポイント付与されます。

東京電力自由化のプレミアムプラン

ご家族の多い方やペット(例:熱帯魚を飼う際に電気装置を1日中利用している場合)を飼っている方など、月々の電気のご使用量が多いご家庭にはお得なプランです。また2年間の契約とした場合は、特典として8000ポイントが付与されます。

また、このプレミアムプランに加入すると、通常は有料サービスとなるご家庭の電気設備に関するトラブル時の点検や調査、応急処置の出張サービスを24時間365日「無料」となるようです。(ただしこのサービスは期間限定で2018年3月までとなります)

ポイントは電気料金1000円(税抜)毎に5ポイントが付与され、さらにWebからこのプランを申し込みをすると500ポイント付与されます。

東京電力自由化のスマートプラン

これまでの電化上手のプランと似ていますが、割安な夜間の電気を上手に使いこなす場合にお得なプランで、主にオール電化住宅(例、エコキュートなどの夜間蓄熱式機器をご使用で、キッチンや空調も電気である住宅等)にお住まいのご家庭におすすめのプランです。

ポイントは電気料金1000円(税抜)毎に5ポイントが付与され、さらにWebからこのプランを申し込みをすると500ポイント付与されます。

東京電力自由化の夜トクプラン

日中は不在とすることが多いご家庭や、電気炊飯器や食器洗い乾燥機をタイマー予約で夜間に利用することが多いなど、夜間の電気をおトクに活用したい場合におすすめのプランです。
ポイントは電気料金1000円(税抜)毎に5ポイントが付与され、Webからこのプランを申し込みをすると500ポイント付与されます。

まとめ東京電力エナジーパートナーのメリット

使う電力が多ければ多いほど、いざ地震になったときの復旧なども考えると老舗の電力会社の東京電力のエナジーパートナー通称テプコがおすすめです。

しかし、各プランを選択するのに悩むと思います。ただ、その場合は東京電力のサイトから料金シュミレーションも可能ですので、試してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクでんきの評判はスマホとセット割で最大16万お得