webマーケティング

大手IT企業のWEBディレクターなら絶対読んでる本4冊まとめ

更新日:

中小レベルのサービスなら必要ないけれど、サイトのアクセスや規模が大きくなったら必要な知識が乗っているwebディレクションやIT企業の実態を把握するためのおすすめの本や書籍を紹介。会社の本棚や誰かの机に絶対にある本です。

webディレクターにおすすめの本スキルアップ目指せ

会社の本棚に寄贈しちゃったから手元にないのでどんなことが書いてあったかを思い出しながら書いていきます。Webディエクターや開発とか情報共有が好きなので本を買ったら会社の本棚とか貸出とか結構みんなしている。そして欲しい本は買うみたいな感じ。

そんな中でも結構勝っている本を紹介するよ。ちょっと古いけどwebディレクターは技術面よりも企画やコンサルティングやスケジュール管理や予算管理などなどコミュニケーションが多いお仕事なので企画・開発・デザインなどの知識も学べる

最低限これは読んどかないと、「え?知らないの?」っと恥ずかしいレベルです。

内容はプロジェクトマネジメントと実際の企画やサイトの仕様部分のお話あとはコンテンツの仕様書とかですね。集客方法とかもありますがはもう時代が違うのでそこは読まなくても良いレベル。

リリース後の効果検証やサイトの評価分析PDCAの回し方なども乗っています。

中小企業の1サイトを運用するレベルのwebディレクターでいいならここまでやらなくても、いいけれど転職してより上を目指すウェブディレクションをしたいなら読んでおくべき。

3冊紹介しているけれど最初の2冊は版が違うだけです。なので2つ紹介しているけれど1冊としてカウントしてください。

3冊目の本はさらに上位互換した本でかなりの大判になりますが、まあ10年前の本なのでどうなの?って思うかもしれませんが、大手IT企業のリーダーやマネージャーとかは読んでいた本です。

おすすめの本を聞くときにはこの本よりいい本知ってますか?って聞くと「お前勉強してるなぁ~」ってなります。

てかこれだけ押さえておけば、あとは現場でノウハウためてスキルアップしていくほうが早いですね。あとは勉強会とかにでるのがおすすめ

web業界の動向をチェックして役員提案資料に使える本

インターネット業界を紹介する『インターネット白書』とスマホ業界の動向を紹介する『スマホ白書』これは毎年発表している本です。これは絶対必須。役員や社長などのプレゼンや提案用資料を作成するときに必要な数字データが満載です。

PCとスマホの利用状況や利用端末、業種別やサービス別の人気ランキング、スマホだとどの端末のシェアが多いかとか、サービスごとの一人あたりの決済代金とかいろんなマーケット情報が詰まってます。

Webディレクターじゃなくてもwebマーケティングや企画の人などは絶対読んでおく本です。

この本は発売されてすぐは会社では取り合いなのでです。これは毎年発売されるので常に最新版を揃えておくと共に、古いやつも揃えておくとどんな歴史があったかわかるのです。

プレゼン資料には過去はどうだったかという数値データを入れてインパクトや実績などを出す必要があるので最新データだけでどうにかなるものではないんですよね。

インターネット白書はKindle(キンドル)版もやります。

Webディレクターにおすすめ本の紹介まとめ

とりあえずこの4冊を押さえておけばwebやIT業界で話は十分できますし、スキルアップも出来ます。これ読んで足りない部分があったらPMBOK(ピンボック)やPMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)の本とかに進んだほうがいいよ。

あとはマーケティングの専門書かったり、いい本はそれなりの値段するけれど、知識にお金をけちるとスキルアップできない。読んで無駄な時間を過ごしてお金も損してとか最悪だしね

ディレクターおすすめ記事







-webマーケティング

Copyright© うさもふ-おすすめ転職エージェントの評判や口コミ , 2019 All Rights Reserved.